«  自家製酵母で焼く | トップページ |  おいしい・・・無花果 »

 ぞくぞくと出来上がっています

 






 

実りの秋ですmaple

この時季は美味しいものがたくさん出回る嬉しい季節ですねheart04

美味しいものを旬のうちにたくさん仕込んでおきたいと、

わくわくそわそわする私ですhappy01

今回の記事は、

秋が旬というのではないのですが、

随分前に仕込んでちょうど出来上がってきたものふたつです。

Dscn0459

春に仕込んだ自家製の味噌が出来上がってきましたshine

味噌の仕込みは、1月~2月下旬くらいの一年で一番寒い時にする‘寒仕込み’が、

最適だと言われていますが、

今年は仕込む時期が少しずれて、3月下旬になってしまいまして、

遅めの‘花仕込み’の味噌です。

花仕込みでも、順調に熟成してくれました。

本当はもうあと少し熟成させるとなお深みのある味噌に仕上がりそうですが、

前年仕込みの味噌をちょうど食べ終わりましたので、今年仕込んだ4つの樽のうち

ひとつを食べ始めることに・・・。

ちょっとフレッシュな感じのお味噌、実はより好みかもheart04

いつもながら、正真正銘の手前味噌ですが(笑)、とても良い出来です~shine

ふたつの樽の味噌はタッパーに移して冷蔵保存にしました。

残りの樽はそのままもう少し熟成を待ってみます。

味わいの変化もまた楽しみなのです。

 

Rimg1559

国産大豆を柔らか~く茹でて。

Rimg1565

つぶして。 茹で汁もとってもだいず!(だいじ・・笑smile捨てちゃダメッ)

Rimg1568

大豆と麹を混ぜて、ここで大事な笑茹で汁で固さを調整して樽に仕込みます。

これで熟成させると美味しい自家製味噌の出来上がりです♪








Dscn0482

6月~7月に仕込んだ梅。

塩分がしっかりめの好みの美味しい梅干に仕上がりましたshine

Rimg1998_2

とてもキレイな南高梅

Rimg1981

梅と塩をまぶして漬けて、梅酢が上がるまでおきます。

Rimg1984

うまく梅酢が上がったら、赤紫蘇を入れておきます。

これで食欲をそそるあの梅干の赤い色になります。

赤紫蘇には防腐殺菌作用もあるとのことです。

ここまでしておいて、あとは土用干しをして出来上がります。

ギラギッラ太陽のでる晴天の続く日を待つばかり!

Dscn0202

そして土用干しで梅干の出来上がりです。

ですが今年は、この土用あたりに晴天の恵みがなくwobbly

土用が過ぎ・・8月に入り・・チャンスがないままお盆まで過ぎ・・少し焦りましたが、

8月最終週に3日間の恵みの晴天がありました!

おひさまの有難さをまたまた実感いたしました。

何はともあれ、無事に今年の梅干も出来上がりました。

こうして、

梅の出来やらお天気の様子を見ながら仕上げるのも、

また自家製の醍醐味なのですhappy01

Dscn0478

干した梅干をそのまま保存

Dscn0479

干したものを梅酢に戻して保存  (この梅酢はお料理に活用できます♪)

ふたつの保存方法をして楽しみますconfident

Rimg1738_4

それから、

おなじみの、青梅を仕込んだ梅酒。↑は6月に仕込んだ直後

Dscn0483

だいぶ経ち褐色になってきましたが、

こちらは美味しく飲めるのはまだもうすーーこし後になりそうですconfident




まだまだ美味しいものありますね♪♪      つづく








 

 

 

|

«  自家製酵母で焼く | トップページ |  おいしい・・・無花果 »

家族のこと」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548183/65898935

この記事へのトラックバック一覧です:  ぞくぞくと出来上がっています:

«  自家製酵母で焼く | トップページ |  おいしい・・・無花果 »