«  ふたつ! | トップページ |  花壇の花 »

 雑記 講演会に行きました

今日は、

今 私がとても大事だと、

思っていることを書きます。

よろしければ・・・・おつきあい下さい。

(あくまで私個人の思うことではありますが、共感して頂けたら、それは幸いです)

先日、笠間市内で、

「原発事故・放射能汚染について正しく理解しよう」

といった主旨の講演会が、開催されました。

講師は、京都市在住の守田敏也氏です。(下記に紹介)

あの、

地震・津波の発生と、東京電力福島第一原子力発電所の事故から

5カ月がたちました。

地震・津波で、深刻な被害に見舞われた被災地の方々にとって、

本当につらくて苦しくて耐えがたい日々だったと思います。

そしてこの耐えがたい状況は、5か月という区切りも関係なしに、いまだ続いている

のが現状です。

その苦しみは、私などには到底推し量れるものではないのですが・・・。

どうか ひとりでも多くの方の笑顔が戻り、

一日もはやい復興を祈っています。

そして、

さらに、

加えて福島第一原子力発電所の事故では、いまだ大変な事態が続いています。

そのせいで、

住みなれた土地を離れて避難生活を余儀なくされてしまった方。

様々な事情で避難も出来ずに、大変危険な環境の中に生活されている方。

家族が離ればなれになってしまっている方。

それもあまりにも突然に・・・。

そこには、

私たちと何ら変わらない、たくさんの方の「かけがえのない日常」があったはずなのに、

すべてが根こそぎ台無しになり、強制的に、まるっきり先の見えない生活を送らなけれ

ばならなくなってしまっています。

連日、こんな状況をメディアで見聞きする度に、

ほんとうに悲しくて、切なくて、やりきれない気持でいっぱいになります。

(あくまで私個人として思うことは、このような事態になってしまった原因のものに

対して、安全性が確認されれば、まるで何事もなかったかのように今まで通りに・・・、

という考え方は、到底理解できるものではないです。

実際に事故が起き、、沢山の人の幸せを奪ったまま、未だ完全に事故の収束すら

出来ずにいて、この先に、安全性の見通しなど信用できるわけがないです)

・・・・・・・・・・・



私の住んでいるところも、被災地ではありますが、

あれから、

私たちの日常は、表面的には以前と変わらないように戻った

(あくまで私の住んでいるところは、です)・・・ように感じられます。

ですが、

それは全くの錯覚だと感じます。

落ち着かない余震の怖さと同時に、

自分たちの住んでいるこの場所も、かなりの深刻な原発事故の影響を受けて

しまっている現実。

未だ完全に収束しない(しかも何時になるかわからない)原発事故後の状況を、

詳しい知識を持たない中で、怯えながらメディアからの情報をチェックする日々。

(その情報にも常に疑心暗鬼になりながらです・・・)

今この時も、

家族や、自分や、日頃関わり合うひとたちが、

身をおいている環境、空気、

日々口にする食べ物、

生活しているすべてにおいて、

どれもこれも全く安心できる状況でないという事。

そして、

おそらくこの先もずっと、この不安はなかなか解消されないでしょう。

大げさに言えば、

「あの日以前とは、すっかりもとに戻った生活は出来ない」 感じがしています。

あの未曾有の事故から、今もずっと未曾有の事態が続いている、状態のように

思っています。

一度、放射性物質に汚染されてしまったら、

時間がいくら経過しても、除染しないがぎり汚染されたままだし、

食べ物に関しては徐々に広範囲に深刻な汚染が広がってしまっています。

原発事故は、決して、起きてしまった隣県だけ、のことではないのです。

それなのに・・・・

時間が経つにつれ、徐々に危機感は薄れていっている空気に、

どうしても違和感を覚えてしまいます。

今現在も、目にみえずにおいも色もない、厄介な放射性物質に、

私たちは、外部からも内部からも少しづつ被曝してしまっているのに、です。

私自身は、前と同じように生活していくこの毎日で、何をするにも以前のような

安心感をもって行動することが、出来なくなってしまいました。

私は、

幼い子供を育てている親として、

とてもとても不安で心配でなりません。

あの事故以前は、

子供たちの未来には、輝くものばかりを想像していたし、

日々の成長には、(当たり前ですが)こんな不安感はなく過ごしていました。

それが、

子供たちのゆく先を、こんな気持ちで見守っていくことになるなんて。

どうしてこんなことになってしまったのか??

やりきれない気持ちでいっぱいです。

それでも、

あの日以前と、状況が一変してしまった今も、

自分がしていきたい(いかなければならない)ことは、

子供を守り、

今までのように、

笑顔で、

毎日を楽しく、

精一杯過ごしていくこと、

だと思っているし、それをつよく希望します。

そのためには、

自分自身がしっかりとした知識・情報を把握し、判断し、

そして行動していくことが大事だと思っています。

この、今おかれている状況に目を背けず、

わたしたち一人一人が、色々な意味で「意識」をもって

生活していかなければならなくなったのではないでしょうか。

当たり前だと感じていた、

「かけがえのない日常」を、ずっと過ごしていくために。

わたしは、小さなことでも最善を尽くして行きたいです。

  

 守田 敏也氏 ブログ

http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011

|

«  ふたつ! | トップページ |  花壇の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548183/52507245

この記事へのトラックバック一覧です:  雑記 講演会に行きました:

«  ふたつ! | トップページ |  花壇の花 »