« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

 ありがとうね

今日で、子供たちの夏休みも終わりです。

この夏休みのあいだ、

「食後の食器洗い」は、

娘たちがお手伝いしてくれました。

食器洗いは、ずっと前からお手伝いしたい!って言ってくれていたのですが、

学校がある日の夕方などは、子供たちもなかなか忙しく、

私もあまり時間に余裕がないと、自分でしたほうが早いかなsweat01・・・と、ついつい

「また今度お願いね~~」と答えていて・・・(反省)

でも、時間のある夏休みはチャンスflair

ハハはすっかりお任せしました。

 (ちなみに我が家に食洗機はないのです)

120

長女が洗う日は次女が洗剤をキレイにすすぐ係、次の日はその逆で。

毎日交替で。

ハハは正直なところ・・・

何日かしたらすぐに飽きるだろうな・・・なんて思っていました(ごめんねsweat01

休み中ずっ~~と欠かさず続けてくれるとは考えていませんでした。(ごめんねsweat01

それが予想に反して!?

最後の日の今日までずうっと続けてくれたのです。

私がそばについていることもなく、すっかりお任せ出来たので、

実はほんとうにほんと~~うに助かりましたhappy01

ハハはとっても嬉しかったんです。

今日の夕ご飯のお皿洗いが終わった後、

「夏休み中ずっと洗ってくれて どうもありがとうね!」って言ったら、

これからもずっとやりたい!との返事。

sign03  sign03  sign03

なんて・・・良いムスメたちなんでしょうweep

またまたハハは感激してしまいました。

本当に嬉しいよ!

それじゃあ これからもお願いしちゃうわ~!(時間があるときでいいからね)







色々な教室に行って体験したり、

お出かけしたり、

勉強したり、

お手伝いしたり・・・

今年の夏休みもけっこう忙しかった、ねsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 温泉へ

夏休み最後の週末は、

温泉に出掛けました。

おじいちゃんおばあちゃん(だんなサマの両親)、

長兄家族、次兄家族、

私たち家族(だんなサマは三人兄弟なのです~)

で、総勢12人。

015

020

立ち寄った竜頭の滝

083

084

栃木県鬼怒川温泉。

お宿は和風アンティークな雰囲気でなかなか素敵shine

024

レディ~は好みの浴衣が選べますnote

おかあさんとふたりの姉とわたしとむすめたちと。

男性陣を尻目に・・・そりゃあ盛り上がりますよね~。

038

こどもたちは帯を自分で選べました。

前に温泉に出向いた時には、なんだか怖がってあまり入りたがらなかったのに、

今回はしっかり3回入浴spa

浴衣もすっかり気に入って、温泉も楽しめる歳になってきたのね~。

050

私の着た浴衣と帯。

着付けのプロであるおかあさんに、色をあわせてもらいました。

031

次から次に出てくるお料理・・・。

033

どれも美味しくて・・・お腹いっぱいで浴衣の帯が苦しい(笑)。

ほんとうに贅沢だわ~~。

064

107

温泉なのに・・・東京タワー と スカイツリー !?

二日目は「東武ワールドスクエア」に。

098

子供たちは・・・

おじいちゃんおばあちゃん、み~んなと一緒だったし、

浴衣も着られたし、

温泉には3回も入って大満足。

色々なところを見たり・・・(いろは坂もバッチリ数えられたしねhappy01。)

しっかりといろいろな事を楽しめる歳になったんだな~と思います。

帰ってすぐに、長ーい日記を書いていました。


ちょっぴり日常から離れて、

のんびり出来ました。

やっぱり温泉は良いですね。

こうしてまた、

みんなで来られるように、

明日からも頑張っていこう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 娘たちが焼く


こなつむぎで販売している

「ロールパン」

バターは控え目ですが、軽め・・・というより、粉そのもののしっかりした味と、

国産小麦ならではの、もっちり食感の食べ応えのあるぱんです。

当然我が家でも、

家族がみんな好きで普段よく食べるぱんのひとつですhappy01

最近ハハ(私)は考えたflair・・・。

娘たちにはそろそろ・・・・・

自分で食べるぱんは自分できっちり「ロール」して貰おうじゃない!?

普段から、時間をみつけては一緒にパンを作るようにしていますが、

いつもは、

「めいめい好きな形に成型して焼く」 のがパターンです。

それはそれで良いのだけれど、

かなりぱん生地の扱いにも手慣れてきたし、ロールも上手に出来るはず!!

というわけで、早速ロールして貰いましたhappy01

001

発酵後、生地を分割していよいよ成型

003

伸ばして (くっついちゃうよ~と言いながら)

002

ロールして (あんまり巻けないよ~と言いながら)

004

きょうはしっかり教えるぞ!!とハハはちょっと意気込んでいたけれど、

2個3個4個 とやっていくうちに・・・まったく口出しする必要なし。

ムムム・・・なんだか上手だわ!(拍子抜けcoldsweats01

006

最後の2、3個はは好きな形に。

みつあみぱんとか~、ひらがなとか~。

007

008

焼き上がりも凄く良いし、美味しく出来ました◎


これから・・・

家族用のロールパンの担当が決まった感じだわ・・・bleah

※当然ですが・・・

 こなつむぎのぱんはもちろん私が心を込めて焼いていますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 遅ればせながら・・・

ずっと、

我が家にも やっぱりあったら良いかな・・・と思っていた

「日よけ」を設置しました。

設置といっても、立てかけるだけの簡単なもの。

011_2

こんな感じ。

今日は久しぶりに日差しが戻ったのでしてみました。

010

家の中からみると、こんな感じ。

やっぱり涼しげです。

思ったより暗くはならないし、中からは外への視界を遮らないのが良いです。

子供たちにも好評happy01


簡単なのは有難いのですが、

風の強い日には倒れそうかな。

それをどうするか? が課題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 なつ休み

今はちょっと涼しい日が続いていますが、

少し前は、 

連日暑い暑~~い日でした。

そんな中、ちょっと平日に夏休みがとれた我が家のだんなサマですが・・・

「暑いdown・・・うどんを食べに行こう!」 

なんて言い出しまして。

なんとなくの方向だけで、はっきり目的地も決めずに高速道路に乗り、

地図を見ながら向かった先は・・・

かなり前に食べたうどんが美味しかった、群馬県沼田市。(ホント勢いsweat02

沼田のうどんもたしか有名なんですよね。

お店情報を全く調べずに向かったので、目についた県道沿いのうどん屋さんへ。

けっこう混んでいたから期待できるかな!

008

基本の「もり」を注文。

007

みるからにつやつやでコシがありそう!

009

子供たちも一人前ずつ注文。

我が家の子たちも うどん&そば好きですhappy01

011

希望のうどんを喰らふ世帯主。

満足した、らしい(笑)

013

家族みんなで美味しく、あっという間にペロッと(つるっと)頂きました。

コシがあって、ほんとうに美味しいうどんでした。

014_2

せっかく(勢いだけでsmile)群馬県まで来たので、さらに車を走らせて向かった先は

「たんばら(玉原)ラベンダーパーク」

これは私の希望です。

前に一度夫婦で訪れた場所で、

その時もラベンダーがキレイで・・・

いつか子供が生まれたらまた来たいな~なんて思っていたんです。

こんなに突然来ることになるとは、思ってもみませんでしたが・・・。

標高が高い場所にあるので(冬はスキー場です)、

着いて車を降りた瞬間、アレ!?涼しい~! (感動~)

園内の傾斜をさらに上に向かって歩いていくと・・・

そよ風が気持ちいい~~ (感動~)

「なんか空気がおいしいね!」って言ったら、子供たちも「うん!」って深呼吸。

連日の猛暑では考えられない、とっても清々しい空気shine

さすが高原だわ。

018

思いっきりラベンダー~~lovely

写真はイマイチですが、実際にはもっと鮮やかです。

023

019

029

園内をまわって、清々しい空気を存分に味わった後のお楽しみ、

「ラベンダーソフトクリームshine

 (前来た時も食べたのは覚えてるし、園に入ってすぐ売っている場所をチェック・・・したのは

  言うまでもないsmile) 

これは絶対外せない・・・でしょう???

ソフトクリームを前に、まさかのカメラ電池切れsweat02

で、慌てて携帯電話のカメラでパチリです。

久しぶりに食べてみたら、

かなりの美味しさlovely (大感動~)

なんか忘れられない味になりそう。

つかの間の清々しい空気と、美味しい食べ物。

急だったけれど、行って良かったなhappy02

  

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 花壇の花


ひさしぶりに雨が続いています。

しかも涼しい・・・を通り越して、ちょっと肌寒いsweat02ですね。

アップダウンが極端すぎるお天気に、戸惑ってしまいますcoldsweats01

一昨日 小学校から、

   「子供たちが植えた花壇の花が色とりどりに咲いています。

    今が一番きれいですので、どうぞ見に来てください」

との嬉しいメールがhappy01

出掛けがてら家族みんなで見てきました。

009

014_2

015

010

012

011

013

017


沢山の種類の花が、本当に見事に咲いていました。

鈍色の雨空の下の花たちは、鮮やかさが際立っていてとてもきれいでした~。

夏休みのあいだ・・・

とても丁寧に水やりや手入れを、欠かさずにして下さった先生に感謝です。

(炎天下のなか花壇にたたずむ先生のお姿をよく見かけました・・・confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 雑記 講演会に行きました

今日は、

今 私がとても大事だと、

思っていることを書きます。

よろしければ・・・・おつきあい下さい。

(あくまで私個人の思うことではありますが、共感して頂けたら、それは幸いです)

先日、笠間市内で、

「原発事故・放射能汚染について正しく理解しよう」

といった主旨の講演会が、開催されました。

講師は、京都市在住の守田敏也氏です。(下記に紹介)

あの、

地震・津波の発生と、東京電力福島第一原子力発電所の事故から

5カ月がたちました。

地震・津波で、深刻な被害に見舞われた被災地の方々にとって、

本当につらくて苦しくて耐えがたい日々だったと思います。

そしてこの耐えがたい状況は、5か月という区切りも関係なしに、いまだ続いている

のが現状です。

その苦しみは、私などには到底推し量れるものではないのですが・・・。

どうか ひとりでも多くの方の笑顔が戻り、

一日もはやい復興を祈っています。

そして、

さらに、

加えて福島第一原子力発電所の事故では、いまだ大変な事態が続いています。

そのせいで、

住みなれた土地を離れて避難生活を余儀なくされてしまった方。

様々な事情で避難も出来ずに、大変危険な環境の中に生活されている方。

家族が離ればなれになってしまっている方。

それもあまりにも突然に・・・。

そこには、

私たちと何ら変わらない、たくさんの方の「かけがえのない日常」があったはずなのに、

すべてが根こそぎ台無しになり、強制的に、まるっきり先の見えない生活を送らなけれ

ばならなくなってしまっています。

連日、こんな状況をメディアで見聞きする度に、

ほんとうに悲しくて、切なくて、やりきれない気持でいっぱいになります。

(あくまで私個人として思うことは、このような事態になってしまった原因のものに

対して、安全性が確認されれば、まるで何事もなかったかのように今まで通りに・・・、

という考え方は、到底理解できるものではないです。

実際に事故が起き、、沢山の人の幸せを奪ったまま、未だ完全に事故の収束すら

出来ずにいて、この先に、安全性の見通しなど信用できるわけがないです)

・・・・・・・・・・・



私の住んでいるところも、被災地ではありますが、

あれから、

私たちの日常は、表面的には以前と変わらないように戻った

(あくまで私の住んでいるところは、です)・・・ように感じられます。

ですが、

それは全くの錯覚だと感じます。

落ち着かない余震の怖さと同時に、

自分たちの住んでいるこの場所も、かなりの深刻な原発事故の影響を受けて

しまっている現実。

未だ完全に収束しない(しかも何時になるかわからない)原発事故後の状況を、

詳しい知識を持たない中で、怯えながらメディアからの情報をチェックする日々。

(その情報にも常に疑心暗鬼になりながらです・・・)

今この時も、

家族や、自分や、日頃関わり合うひとたちが、

身をおいている環境、空気、

日々口にする食べ物、

生活しているすべてにおいて、

どれもこれも全く安心できる状況でないという事。

そして、

おそらくこの先もずっと、この不安はなかなか解消されないでしょう。

大げさに言えば、

「あの日以前とは、すっかりもとに戻った生活は出来ない」 感じがしています。

あの未曾有の事故から、今もずっと未曾有の事態が続いている、状態のように

思っています。

一度、放射性物質に汚染されてしまったら、

時間がいくら経過しても、除染しないがぎり汚染されたままだし、

食べ物に関しては徐々に広範囲に深刻な汚染が広がってしまっています。

原発事故は、決して、起きてしまった隣県だけ、のことではないのです。

それなのに・・・・

時間が経つにつれ、徐々に危機感は薄れていっている空気に、

どうしても違和感を覚えてしまいます。

今現在も、目にみえずにおいも色もない、厄介な放射性物質に、

私たちは、外部からも内部からも少しづつ被曝してしまっているのに、です。

私自身は、前と同じように生活していくこの毎日で、何をするにも以前のような

安心感をもって行動することが、出来なくなってしまいました。

私は、

幼い子供を育てている親として、

とてもとても不安で心配でなりません。

あの事故以前は、

子供たちの未来には、輝くものばかりを想像していたし、

日々の成長には、(当たり前ですが)こんな不安感はなく過ごしていました。

それが、

子供たちのゆく先を、こんな気持ちで見守っていくことになるなんて。

どうしてこんなことになってしまったのか??

やりきれない気持ちでいっぱいです。

それでも、

あの日以前と、状況が一変してしまった今も、

自分がしていきたい(いかなければならない)ことは、

子供を守り、

今までのように、

笑顔で、

毎日を楽しく、

精一杯過ごしていくこと、

だと思っているし、それをつよく希望します。

そのためには、

自分自身がしっかりとした知識・情報を把握し、判断し、

そして行動していくことが大事だと思っています。

この、今おかれている状況に目を背けず、

わたしたち一人一人が、色々な意味で「意識」をもって

生活していかなければならなくなったのではないでしょうか。

当たり前だと感じていた、

「かけがえのない日常」を、ずっと過ごしていくために。

わたしは、小さなことでも最善を尽くして行きたいです。

  

 守田 敏也氏 ブログ

http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 ふたつ!

夕ご飯の支度中。

ゆでたたまごを割ってみたら・・・

026

黄味がふたつ~~~flair




なんだかとっても嬉しくなっちゃってhappy02

思わず写真をパチリ。(この暑さの中ひとりでテンション上がりましたup

このゆでたまごで作ったタルタルソースのお味は、

ちょっぴり格別!!happy01、でした。




この連日の猛暑も、予報では明日までのよう。

ちょっと一息つけそうですね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 こどもたちの夏③

 8月○日 はり絵作り

        今日ははり絵作りの教室です。

        はり絵は、物語の一場面の絵を、パーツ毎に好きな模様の紙で貼って、

        仕上げていくのものですが、今回は「ねむりの森の姫」の絵でした。

        (ねむり姫・・・どんなお話か、ハハはスッカリ忘れてましたよsweat02

        物語を4つの場面にわけて描かれた絵を、それぞれ 1~3年生女子、

        4~6年生女子、男子、保護者にわかれて完成させるのです。                

        親子共同で作業するのではなく、4つのテーブルにわかれて子供は子供、

        親は親でそれぞれ作るのですが、年配のボランティア(優しいおばあちゃ

        んconfident)のサポートで、子供たちは楽しく作ります。

        親子もいいけれど・・・

        たまにはこうして「自分のおばあちゃんでないおばあちゃん」に教えて

        貰ったりするのが、とても貴重な機会なんですよねconfident

      

023

024

会場にカメラ持って行くのを忘れてしまったので、帰った後で。

子供に負けずハハの私もとっても集中して貼りました~(笑)。






 8月△日 お絵描き陶風鈴教室

        茨城県陶芸美術館にて、素焼の陶風鈴に好きな絵を描きました。

        今年は長女、次女ひとつづつ思い思いの絵を。

011

012

013_3

020

022

  

完成したふたつの風鈴はとっても涼しげ~~penguin

しかし、ここにきて連日の猛暑wobbly

まだまだ爽やかな風は吹いて来ず・・・。

秋風がちょっぴり待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 使い続けたい・・

014

十年以上、

我が家にず~~~っとあるかご。

普段は、子供たちのお菓子を入れて愛用。(かなりザツに酷使している)

しかし・・・・・・



015

017

016

気がつけば、四隅がこんな状態に・・・weepweep




子供たちが生まれるより先に、我が家にあって、   

幾度の引っ越しにも耐え、

家族の雑な扱いに耐え・・・・・。

あるのが当たり前すぎ、の

このかご。 

どうにか修繕したいな。

出来れば、この先もずっと、

今後はもっと、大事に丁寧に使っていきたいな。

どうしようかな。       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 こどもたちの夏 ②

 7月○日 水でっぽう作り教室(竹細工)

        竹を使って水でっぽうをつくりました。

        同じ時間に、竹とんぼ教室もあり・・・男の子が多かったかな、やっぱり。

        竹なんて・・・ハハの私だって久しく触っていなかったし、

        ましてや、イマドキの子供たちにとってもなかなか貴重な体験でしたhappy01

010

 竹はボランティアの方が適度な長さに切っておいてくれました。

006

 自分の竹を選んで、作り方の紙をみながら製作開始。

 キリをつかって穴をあけるところは、ちょっと難しいな~。

 一緒にいったお友達も、女の子ふたり姉妹。

003

 わからないところは、ボランティアの優しいオジイチャンに聞く。

 サササ~~っと慣れた手つきでコツなど教えてくれる・・・さすがshine

004

 作ってみるとわりとカンタン。てっぽうと、押し出し棒の大きさがうまく合わないと

 水が漏れてしまうので、調整がちょっと難しい。

011

 完成した後は・・・早速水を入れて遊んでみる。

 予想どおり!・・・こどもたちは服も靴もびしょぬれ~~coldsweats01




 7月△日 親子料理教室 

        こちらも毎年楽しみに参加していますhappy01

        今回のメニューは・・・

           ・さんまの缶詰で炊き込みご飯

           ・トマトとわかめの卵スープ

           ・梅マヨきゅうり(漬物)

           ・みかん缶のまるごと寒天デザート

014

 キュウリを切る次女・・・かなり真剣。

013

 こちらはごぼうのササガキをする長女。先生に「手つきが良いね!」なんて

 褒められて嬉しそう。

016

 土鍋で炊き上がったご飯、湯気まで美味しそうです。

019

 完成したもの。みんなで一生懸命に上手に作りました。

 栄養バランスも良いメニューで、とっても良いお味でしたhappy02

 お家でも早速つくってみようねnote

             

        

        

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »